赤ちゃん肌のようなシルク肌になる!

それはもう透き通るような毛穴

» Font Size «
10月
16

今考えると恐ろしいのですが

若い頃、鼻の毛穴がすごく目立っていわゆる「イチゴ鼻」でした。
洗顔フォームをよく泡立てて念入りに洗っても、洗顔ブラシでゴシゴシやっても効果なし、角栓をごっそりとってくれるパックも愛用しましたが、あれはよけい毛穴が目立ってきたような感じで良くなかったみたいです。

私は狭い隙間に何か挟まっていると絶対にほじくり返してキレイにしたい性格なので、毛穴が詰まっているのも許せなくなり、今考えると恐ろしい事ですが針を使って毛穴をつついて汚れを出そうとしたのです。
確かに何か出てくるのですが、完璧にはキレイになる事はありませんし、その後炎症を起こして鼻が真っ赤になってしまいました。

そこで止めればいいのに、何か出たと言う手応えがあったものだから、今度は毛抜きで毛穴を絞ってみたのです。
やっぱり何か出てきたのでついつい夢中になり、その後は真っ赤になってブツブツもあると言う完璧なイチゴ鼻になってしまいました。

そこまでしたところで、こういうのは意味が全くなかったと気が付き、諦めて一生イチゴ鼻でいる覚悟を決めたのです。
しかし、あれからウン十年経った今、私の鼻はイチゴではありません。

特別なことは何もしていないのですが、もしかしたら年齢と共に皮脂が無くなったからなのかなと思います。
今は鼻がどうとかより、この乾燥したカサカサの肌の対応に追われているのです。

Comments are closed.